markPRODUCTS

JAPAN

改定新版・無料進呈 【トルクハンドブックvol.9】

HOME > 製品情報 > トルクレンチ > シグナル式トルクレンチ > 無線式データ伝送トルクレンチ

無線式データ伝送トルクレンチ

設定したトルクに達すると「カチン!」と同時に締付けトルクデータを無線伝送するトルクレンチなどがあります。FDDは二度締め顕出機能付き。FDD-ADはトルクと角度から高度な合否判定を行い、締付けの信頼性を高めます。

無線式データ伝送トルクレンチ

FD/FDD

クリック時の締付けトルクデータを無線伝送。手元で合否判定結果が分かり最高の作業性。FDDは2度締め検出機能により、さらに信頼性の高い締付け作業を実現。受信機R-FHDがR-CMにモデルチェンジしました。

締付けデータ管理
ポカヨケ(締め忘れ防止)
無線式データ伝送トルクレンチ

FDD-AD

クリック時の「カチン!」で締付けトルクと角度データを自動で転送。高度な合否判定で締付けの信頼性を高めます。

締付けデータ管理
ポカヨケ(締め忘れ防止)
2度締め検出によるポカミスの防止(ポカヨケ)
締付け時の「かじり(焼き付き)」による回転角不足でのトルクアップの検出。
無線式データ伝送トルクレンチ

FHD256

コードレスで動力式トルクツールのバックアップに最適。FHD256は2016/3/31に受注終了となり、後継機種はFD/FDDとなります。

締付けデータ管理
無線式データ伝送トルクレンチ

FHDS256

作業性の良い小型発信器を搭載。コードレスで動力式トルクツールのバックアップに最適。FHDS256は2016/3/31に受注終了し、後継機種はFD/FDDとなります。

締付けデータ管理