markPRODUCTS

JAPAN

改定新版・無料進呈 【トルクハンドブックvol.9】

無線式データ伝送トルクレンチNEW

CSPBTLD

クリック式無線データ伝送トルクレンチ
RoHSマークTUDマークヘッド差し込み部10Dヘッド差し込み部12Dヘッド差し込み部15Dヘッド差し込み部19Dヘッド差し込み部22D

締付けデータ管理

単能形

判定機能付

無線式

設定トルクに達した際の「カチン!」で自動的に締付トルクと角度をWindowsやiOS 機器に無線伝送。

CSPBTLD100N3×15Dに交換ヘッドQH15D(別売)を接続した状態。

予め設定した締付トルクと角度で合否判定。作業者にも合否が一目で分かるので、締付作業を重視した自動データ採取が行えます。(左:合格、右:不合格)

各閾値を設定することで締付けトルク及び最終角度の合否判定を行います。

TRG:トリガトルク , TL:下限トルク , TH:上限トルク , ΘW:2度締め判定角度 , ΘL:下限角度 , ΘH:上限角度

※アルファベット1桁目がトルク判定 , 2桁目を角度判定とし、D,L,O,Hで指示する。

用途

  • Excelへのデータ入力
  • 市販の帳票電子化システムとの連携によるエビデンス管理
  • トルクと角度の管理が必要な締付作業
  • 2度締め検出によるポカミスの防止(ポカヨケ)
  • 締付け中の「かじり(焼き付き)」による回転角不足でのトルクアップの検出。
  • 「Oリングの噛み込み」等、締付異常の検知。

特長

  • 抜群の作業性。設定トルクに達した際の「カチン!」で自動的にトルクと角度データを無線伝送。通常のクリック式トルクレンチと同様な作業感覚で、無理なくデータ取得が行えます。
  • HOGP プロファイル(キーボードインタフェース)を搭載。
  • Excelへのデータ入力や使い慣れた帳票電子化システムとの連携が可能。
  • 2022/7時点で連携が確認されているシステムは、i-Reporter(株式会社シムトップス)、XC-Gate(株式会社 テクノツリー)です。(順不同)
  • CSPBTLDはFDDの特殊仕様品です。FDDの角度計測機能を発展させ、締付トルクと角度を測定して2度締めや「かじり」検出のように高度な合否判定が行え、本質的な締付の信頼性向上が期待できます。

仕様

  型式 CSPBTLD
25N3-10N×10D
CSPBTLD
25N3×10D
CSPBTLD
50N3×12D
CSPBTLD
50N3×15D
CSPBTLD
100N3×15D
CSPBTLD
140N3×15D
CSPBTLD
200N3×19D
CSPBTLD
280N3×22D
       
         
  トルク調整範囲
[N・m]
最小~最大 2~10 5~25 10~50 20~100 30~140 40~200 40~280        
  最大トルク時の手力 P [N] 53.8 134.4 240.4 229.4 343.6 400.6 449.4 424.2        
  寸法
[mm]
有効長 L 186 208 218 291 349.5 445 660        
  全長 L’ 193 214 217 290 349 429 627        
  頭部 Φd3 10 12 15 19 22        
  本体 m 23 29.5 33 40        
  n 9.2 11.2 12.2 15        
  Φd 15 20 21.7 27.2        
  ΦD 29 34 27        
  質量約[kg] 0.32 0.46 0.65 0.77 1.2 1.65        
                      トルク精度 ±3%        
                               
  型式 BTLD                    
  Bluetoothバージョン V5.0(BLE)                    
  対応OS *1*2 Windows 10~11 / iPadOS 13~15                    
  プロファイル HOGP(HID over GATT Profile)                    
  通信方式 単方向(送信のみ) *3                    
  無線出力 2dBm                    
  送信データ 項目ごとに出力ON/OFFの選択可能
(トルク/角度/合否判定結果/製造番号
/バッテリ残量/単位/TABキー)
                   
                     
                     
                     
  電池寿命 約12時間(連続使用時間)                    
  通信距離 見通し約10m *4                    
                               
  *1. 機種により対応できないものもあります。事前に動作確認を行ってください。
*2. Bluetooth 5.0 に適合し、HOGP プロファイルに対応した端末である必要があります。
*3. 単方向通信の為、設定変更はキー操作でのみ行えます。
*4. 通信距離は電波環境や通信接続相手の性能等により変化します。
                 
                   
                   
注意
  • CSPBTLDは単方向通信(送信のみ)となります。

  • CSPBTLDはFDDの角度測定範囲とは異なり、0°~360°、角度精度:±2°+1digit(30°~180°/s で90°回転させた時)となります。

  • i-Reporter(株式会社シムトップス)

  • XC-Gate(株式会社 テクノツリー)

  • WindowsとExcelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

  • iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

  • BluetoothはBluetooth SIG, Inc. の登録商標です。

  • その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

 

付属品
  • FD/FDD用送信機保護カバー(FD-PCV):1個

  • 単4ニッケル水素電池x2本 ※充電器は付属しません。

 

寸法図

◆ ご注文方法

CSPBTLDシリーズは受注時生産品です。

◆ ご注文時のご注意
  • CSPBTLDは単能形のため、テスタがなければトルク設定ができません。ご注文の際は使用トルク値をご指示下さい。

 

ダウンロード

製品カタログ

japanese english chinese german

以下のダウンロードには会員登録が必要です。

会員登録
取扱説明書

japanese english chinese german

ソフトウェア

japanese english chinese german

2D CAD (DXF)

japanese english chinese german

3D CAD (IGES)

japanese english chinese german

パーツリスト

japanese english chinese german

Webパーツ検索システム
上手な使い方
工具管理システム

japanese english chinese german

JCSS対応校正証明書付きトルクレンチテスタ・デジタルトルクレンチ

japanese english chinese german

【2022.03版】業務ですぐに役に立つ、東日のトルク講習会。

japanese english chinese german

東日トルク機器製品案内-自動車整備編

japanese english chinese german

東日トルク機器製品案内-プラント建設編

japanese english chinese german

東日トルク機器製品案内-小ねじ等の小トルク締付け

japanese english chinese german

東日トルク機器製品案内-鉄道編

japanese english chinese german

東日トルク機器製品案内-航空-

japanese english chinese german

技術資料
【2022.03版】トルク管理から締め付け保証システムへ

japanese english chinese german

トルクレンチの管理と損失金額に関する一考察

japanese english chinese german

ISO6789:2017 への取り組み

japanese english chinese german