markCOMPANY

JAPAN

正しいトルク管理で品質向上!事例はトルクハンドブック8で

HOME > 会社案内 > ブランド規定 > 品質を支える確かなモノづくり

多品種・少量生産でも品質を支える確かなモノづくり。

東日には数多くのトルク機器があります。カタログに掲載のトルクレンチだけでも数百種類。

カタログに掲載していない特殊品を含めれば1万種以上になります。

これらは締付作業や計測を最適・効率的に行うため、全てお客様からのご要望にお応えした結果です。

多品種・少量生産でも高品質な製品を安定して生産する東日のモノづくりを大森・甲府・筑波工場にてご紹介いたします

大森工場

東京都大田区にある大森工場は、主に電気・電子製品や計測機器の組み立てを行っています。代表的な製品は、全自動デジタルトルクレンチテスタTFシリーズやBluetooth搭載のデジタルトルクレンチCEM3-BT/CEM3-G-BT、デジタルトルクドライバSTC2(-BT)/STC2-G(-BT)などです。

トルクレンチテスタの組立工程では、自社製品である無線式ポカヨケトルクドライバRNTDFHを用いてポカヨケ(締め忘れ防止)を行い、さらに締付トルクデータを測定・管理する、『締付け保証システム』を構築し、実際に生産に使用しています。

大森工場の「締付け保証システム」

甲府工場

南アルプスの雄大な山並みが望める、山梨県甲府市にある甲府工場では、主力の機械式トルクレンチやトルクドライバの機械加工と組立を一貫して行う、東日の基幹工場です。カンバン方式を応用した独自の生産システムにより、多品種少量はもちろん数千本単位の受注にもフレキシブルに対応しています。甲府工場には機械加工工場と組立工場の建屋があります。機械加工工場では汎用のMCや、トルクレンチのチューブ自動プレス機などユニークで量産性に優れた機械もあります。組立工場では、トルクレンチやトルクドライバの組立工程内でのトルク測定や、検査室での校正作業に全自動デジタルトルクレンチテスタTFシリーズやデジタルトルクドライバテスタTDT3/TDT3-Gなど、総数30台以上のトレーサビリティが確立されている自社製品を運用しています。

トルクドライバの組立工程でのトルク測定

トルクレンチのチューブ自動プレス機

QL25N5の組立工程でのトルク測定

検査室でのQLE2100N2校正

筑波工場

茨城県下妻市にある筑波工場は、機械加工専用の工場です。交換ヘッドや空転式単能形トルクレンチQSPCAシリーズの部品加工やギアの歯切りなどを行っています。ここでは複合加工機やワイヤーカット・歯切り用のホブ盤などがあり、加工後の部品の寸法検査や硬度検査も行っています。

筑波工場の小径・歯切り加工ユニット