markPRODUCTS

JAPAN

正しいトルク管理で品質向上!事例はトルクハンドブック8で

HOME > 製品情報

製品情報

東日製作所の全トルク機器800種以上をご紹介いたします。

各製品カテゴリー別アイコンをクリックすると、カテゴリー内の製品概要が表示されます。

※製品に関するお問い合わせはこちらを御覧下さい。

製品別

トルクドライバ

トルクドライバ

シグナル式トルクドライバポカヨケトルクドライバ直読式トルクドライバ

トルクドライバは『シグナル式トルクドライバ』と『直読式トルクドライバ』の2種に分かれます。『シグナル式トルクドライバ』は主に締め付け作業に使うタイプで、設定したトルクに達すると空転して締めすぎを防止したり、脱力感により締付完了を知らせます。『直読式トルクドライバ』は主に測定作業や検査作業に使用するタイプで、測定値を数値で示します。その他、締め忘れ防止用のポカヨケトルクドライバもあります。

トルクレンチ

トルクレンチ

シグナル式トルクレンチ直読式トルクレンチ

トルクレンチは『シグナル式トルクレンチ』と『直読式トルクレンチ』の2種に分かれます。『シグナル式トルクレンチ』は主に締め付け作業に使うタイプで、設定したトルクに達すると「カチン」と締め付け完了を知らせます。『直読式トルクレンチ』は主に測定・検査作業に使用するタイプで、測定値を数値で示します。締め忘れ防止用のポカヨケトルクレンチも有線式、無線式、マーキング式の3タイプあります。

ヘッド交換式トルクレンチ

ヘッド交換式トルクレンチ

シグナル式トルクレンチと直読式トルクレンチの中から、ヘッド交換式トルクレンチが全て表示されます。東日のトルクレンチはヘッド交換式トルクレンチも多く、世界一の品揃えの「交換ヘッド」により、最適な作業を実現します。

動力式ハンドトルクツール

動力式ハンドトルクツール

動力式トルクドライバ動力式トルクレンチ

東日の動力式ハンドトルクツールには、動力式トルクドライバと動力式トルクレンチがあります。動力式トルクドライバは東日独自のトルク制御メカニズム「トグル機構」により、精密なトルク管理が行えます。動力式トルクレンチには空圧式と電動式の半自動トルクレンチや全自動トルクレンチがあります。

多軸用トルクツール

多軸用トルクツール

多軸用マルチユニット

東日の多軸締付け装置用のマルチユニット(ナットランナー)には空圧式と電動式があります。いずれも東日独自のトルク制御メカニズム「トグル機構」により、精密なトルク管理が行えます。さらにトルクセンサー追加して、複雑なトルク制御が行える機種もあります。

テスタ/チェッカ

テスタ/チェッカ

トルクドライバテスタトルクキャリブレータ&コントローラトルクレンチテスタトルクレンチチェッカ

テスタは校正用機器で主に定期校正や修理時の校正作業、単能形トルクツールのトルク設定に使用します。チェッカは日常点検でのトルク機器のチェック用に使用します。

トルク計

トルク計

トルクゲージトルクメータトルクセンサ校正装置

トルクゲージは小容量のトルク計で、機械式やデジタル式があります。トルクメータは机の上に置いて使うトルク計で機械式とデジタル式があります。トルクセンサには回転式と固定式があり、表示器を接続して使用します。校正装置はトルク計やテスタ/チェッカ用の校正装置で、自社校正により計測器の適正な維持・管理により品質向上とコスト低減が可能です。

力量計

力量計

軸力計軸力安定化剤

軸力計には油圧式ボルト軸力計と、超音波式ボルト軸力計があります。また軸力関連製品として、トルク係数を一定に保ちトルク管理で軸力管理する軸力安定化剤もあります。

関連製品

関連製品

TCF関連製品トルク表示器ポカヨケ関連製品データ処理機器トルクアタッチメント

固定式トルクセンサ用アタッチメント、トルクセンサ用のトルク表示器、ポカヨケカウンタや無線ポカヨケ機器関連製品、データ処理機器、トルクアタッチメント、トルク機器用バッテリパックなどがあります。

アクセサリ

アクセサリ

補助機器交換ヘッド交換ビット交換ソケットオプションMPQL用オプション

東日のトルク機器を使用するのに必須の別売品や、さらに効率良く作業をするためのアクセサリー、ねじの締め忘れ防止用マーキングトルクレンチの選び方などをご紹介してあります。

ソリューション別

東日締め付け保証システムは、ねじの締め付けの際に生じる様々な問題点を取り除き、正しい締め付け作業が行なわれるようにユーザーに提案します。例えば『約150万本締めて、締め忘れがゼロ!』。これは東日の締付保証システムを導入して2年半後、あるメーカーの導入ご担当者様の声が、単に締め忘れがゼロになるだけでなく、正しくトルク管理が行われています。ここでは様々な問題点に対応するシステムを構築する上で必要な東日製品をご紹介いたします。