markNEWS

JAPAN

改定新版・無料進呈 【トルクハンドブックvol.9】

HOME > ニュース

ニュース

2018-12-17

年末年始休業のお知らせ

東日製作所は誠に勝手ながら2018/12/29(土)~2018/1/6(日)までの間、年末年始休業の為業務をお休みさせていただきます。

 

年内の最終出荷日は、12/26(水)となります。

出荷の再開とお問い合わせの回答は、業務再開の1/7(月)からとなります。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

■2019年営業カレンダーはこちらから。

2018-11-26

無線式データ伝送トルクレンチの2製品に動画を追加しました。

角度測定機能付きデジタル式トルクレンチ「CEM3-BTA」と無線LAN通信機能付デジタルトルクレンチ「CEM3-WF」の製品ページに、ご紹介用動画を追加しました。

製品ページはこちらから。

2018-11-21

トルクハンドブックvol.9を発行しました。

「トルク管理のバイブル」とも言える「トルクハンドブックvol.9」を発行しました。

改定内容のご確認やお申し込みはこちらから行えます。

2018-10-22

無線LAN通信機能を搭載したデジタルトルクレンチ「CEM3-WF/CEM3-G-WF」の受注を開始しました。

広範囲の作業エリアで無線データ伝送を実現。

IEEE802.11準拠の無線LAN通信機能を搭載したデジタルトルクレンチCEM3-WF/CEM3-G-WFの受注を開始しました。

詳細はこちらから。

 

2018-09-25

角度測定機能付きデジタル式トルクレンチ「CEM3-BTA/CEM3-G-BTA」の受注を開始しました。

2度締め検出も可能。

トルクと角度を測定し、高度な合否判定が行えるBluetooth(R)搭載の角度測定機能付きデジタル式トルクレンチ「CEM3-BTA/CEM3-G-BTA」の受注を開始しました。

 

2018-09-21

最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2018.09」を発行しました。

トルクレンチやトルクドライバ、校正用のテスタ、ナットランナー、締め忘れ防止用のポカヨケ機器、締付けの信頼性向上に役立つ「締付保証システム」関連製品などトルク管理用機器やトルク計測器の最新情報を掲載した、「東日トルク機器総合製品案内2018.09」を発行しました。

 

また延べ参加者は2750社/7300名を超えた、「東日トルク講習会」の2019年3月までのスケジュールと申込書も掲載。ご好評により大阪と名古屋でも「トルクドライバの修理/校正コース」を定期開催継続します。

 

PDFのダウンロードや電子カタログの閲覧はこちらから。

※締付保証システムやトルク講習会のカタログも更新しました。

2018-09-20

INTERMEASURE2018(第28回計量計測展)に出展いたします。

東日製作所は、計量計測業界最大規模の総合展示会である「INTERMEASURE2018(第28回計量計測展)」に出展いたします。

 

【会期】2018年9月26日(水)~28日(金) 

【会場】東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東4・5ホール

【東日ブース】小間番号M-59

【出展内容】

  • JCSS校正証明書/不確かさ校正証明書付デジタルトルクレンチテスタ『DOTE4』

  • JCSS校正証明書付デジタルトルクレンチ『CEM3』

など。

出展社情報はこちらから

INTERMEASURE2018(第28回計量計測展)はこちらから。

2018-08-29

東日トルク講習会のスケジュールを更新しました。

実用的で業務ですぐに役に立つ!

東日のトルク講習会の最新スケジュール(2018/9~2019/3)を公開しました。

ご要望の多い『トルクドライバの修理校正コース』を大阪と名古屋でも定期開催継続いたします。

詳細はトルク講習会ページからご覧ください。

 

2018-08-06

RoHS REACH調査報告書を更新しました

RoHS REACH調査報告書を更新しました。

変更点は以下の通りです。

  • 表紙:高懸念物質(SVHC)は、2018年1月に追加された第18次までの合計181物質のリストを対象。

  • 表紙:原則として過去のモデルについての発行不可を追記。

  • 新製品( CLWPAC3A3DAC3DAP2-R ) 、新規付属品などの追記。

  • 誤記の修正

となります。ダウンロードは こちら から

 

2018-07-23

JCSS校正証明書付デジタルトルクレンチの受注を開始しました。

不確かさ1%のJCSS校正証明書付デジタルトルクレンチCEM3、CEM3-BTの受注を開始しました。

 

 株式会社東日製作所のトルク標準室(山梨県甲府市)は、2018/3/22にトルク区分の第3階層においてJCSSに登録されました。

 これに伴い、デジタルトルクレンチCEM3シリーズ と Bluetooth搭載のデジタルトルクレンチCEM3-BTS/CEM3-BTDシリーズにて、最大トルク50、100、200、360、500、850Nmの計18機種のJCSS校正証明書付きでの受注を2018/7/23から開始しました。

※既に販売済のCEM3シリーズ等もJCSS校正証明書の発行が可能な場合があります。

  詳細はお問い合わせください。

 

▼JCSS校正証明書付デジタルトルクレンチの型式と価格がご覧いただけます▼

 ◆ CEM3ページは こちら から

 ◆ CEM3-BT(BTS/BTD)は こちら から 

2018-07-23

東日製作所 夏季休業のお知らせ

東日製作所は誠に勝手ながら2017/8/10(金)~2017/8/15(水)までの間、夏季休業の為業務をお休みさせていただきます。

休業期間前の最終出荷日は、8/8(水)となります。

出荷の再開とお問い合わせの回答は、業務再開の8/16(木)からとなります。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

□東日製作所の営業カレンダーはこちらから。

2018-06-21

防水トルクレンチ「CLWPシリーズ」の受注を開始しました。

 汚れても水で洗えるIP55/IP57の防塵・防水性能を実現した、ヘッド交換式の防水トルクレンチ「CLWPシリーズ」を2018/6/21から受注を開始しました。

 シリーズ6機種、トルク調整範囲は5~200Nmまで。締付けるねじの目安はM6~M18程度。

 またCLWPシリーズに最適な、高耐食性表面処理を施したラチェット式の交換ヘッド「CPQHシリーズ」4機種も6/21から受注を開始しました。

 CLWPとCPQHの詳細情報は【こちら】から。

2018-05-21

動力式トルクレンチを4シリーズ(26製品)モデルチェンジをしました。

動力式トルクレンチを4シリーズ、26製品のモデルチェンジをしました。

【モデルチェンジ後の新製品】

1)半自動エアトルクAC3シリーズ(高仮締めタイプ)

2)半自動エアトルクA3シリーズ(低仮締めタイプ)

3)半自動電動トルクレンチDAC3シリーズ

4)大容量全自動電動式トルクレンチDAP2-Rシリーズ

【概要】

・AC3、A3、DAC3シリーズはインパクトレンチ用の「防振ソケット」が使用可能。

 作業効率が向上します。

・DAP2-Rシリーズはトルクセンサーを内蔵し、設定トルクを直接入力でき合否判定が可能。

 さらに締付けトルクのデータメモリーと外部出力も行えます。

詳細はこちらから。

 

2018-04-10

東日製作所 GW休業のお知らせ

東日製作所は誠に勝手ながら2018/4/28(土)~2018/5/6(日)までの間、業務をお休みさせていただきます。

 

休業期間前の最終出荷日は、4/26(木)となります。

 

出荷の再開とお問い合わせの回答は、業務再開の5/7(月)から順次対応させて頂きます。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

□東日製作所の営業カレンダーはこちらから。

2018-04-06

トルク講習会のスケジュールを更新しました。

実用的で業務ですぐに役に立つ!東日のトルク講習会の最新スケジュールを更新しました。

 

2018/4~2018/12の日程を公開しています。

 

詳細はトルク講習会ページからご覧ください。

2018-03-22

最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2018.03」を発行しました。

トルクレンチやトルクドライバ、校正用のテスタ、ナットランナー、締め忘れ防止用のポカヨケ機器、締付けの信頼性向上に役立つ「締付保証システム」関連製品などトルク管理用機器やトルク計測器の最新情報を掲載した、「東日トルク機器総合製品案内2018.03」を発行いたしました。

また延べ参加者は約2600社/約7000名を超えた、「東日トルク講習会」の2018年/12月までのスケジュールと申込書も掲載。好評により大阪と名古屋でも「トルクドライバの修理/校正コース」を定期開催します。

PDFのダウンロードや電子カタログの閲覧はこちらから。

2018-01-05

有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」の受注を開始しました。

有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」の受注を開始しました。

 

◆概要◆

  • クリック時の締付けトルクデータを有線で伝送。

  • 合否判定結果を本体LEDで表示し、作業者の手元で確認可能。

  • クリック式無線データ伝送単能形トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」が使えない、電波環境の悪い作業エリアや無線機器が使用禁止の工場ニーズにも対応。