markPRODUCTS

JAPAN

改定新版・無料進呈 【トルクハンドブックvol.9】

ポカヨケトルクレンチ

QSPCAMS/QSPCALS

空転式単能形ポカヨケトルクレンチ
IECマークRoHSマークラチェットギヤ36ソケット差し込み部□6.35ソケット差し込み部□9.53

締め忘れ防止(ポカヨケ)

単能形

ラチェット付

空転式

「締付け不足」「締めすぎ」「締め忘れ」を防止する「3ないトルクレンチ」

QSPCAMS6N

QSPCAMS12N

QSPCALS30N

QSPCALS70N

ポカヨケシステムの構成例

用途

  • 締付け不足、締めすぎ、締め忘れの防止

特長

  • 「締付け不足」「締めすぎ」「締め忘れ」を防止する「3ないトルクレンチ」。
  • QSPCAMSとQSPCALSは有線のリミットスイッチ付空転式トルクレンチ。設定トルクに達すると空転し、同時にリミットスイッチから接点信号を出力します。
  • QSPCAMSとQSPCALSは耐久性に優れたカールコードを採用しています。
  • 別売のカウントチェッカ( CNA-4mk3 )との組み合わせによって簡単にポカヨケシステムができます。
  • リミットスイッチからの信号をPLC等に取り込み、ラインのインターロックにより締付保証システムを創り出します。
  • QSPCAMS/QSPCALSは、静電気帯電防止規格IEC 61340-5-1:2007に準拠しています。
  • QSPCAMS/QSPCALSシリーズは2022/1からISO6789:2017に対応。詳細は画面下部の技術資料「ISO6789:2017 への取り組み」をご覧ください。

仕様

型式 QSPCAMS6N QSPCAMS12N QSPCALS30N QSPCALS70N
トルク調整範囲[N・m] 最小~最大 2~6 4~12 10~30 20~70
寸法 [mm] 全長 L 197 267 346
角ドライブ a 6.35 9.53
頭部 R 14 17 21.5
全高 h 37 48 58
本体 e 34 40.5 49
W 42 51 57.5
φd 15 20 27.2
φD 29 34
質量約[kg] 0.33 0.64 1.24
精度 ±6% ±4%
注意
  • QSPCAMS/QSPCALSのリミットスイッチの定格は AC/DC30V、1A以下です。

  • MS/LSのカールコード長さは標準仕様で約2m(伸展時)です。

  • MS/LSのコードにメス側のコネクタは付属していません。

  • 2022/1からISO6789:2017に対応。校正証明書が従来品から変わります。

 

寸法図

QSPCAMS6N~QSPCALS30N

QSPCALS70N

◆ ご注文方法

[東日] [型式] X [トルク値]をご明示下さい。

[例1]東日 QSPCAMS6NX トルクフリー

 

◆ ご注文時のご注意
  • リミットスイッチの定格は AC/DC30V、1A以下です。

  • LSコードにメス側のコネクタは付属していません。

 

ダウンロード

製品カタログ

japanese english chinese german

以下のダウンロードには会員登録が必要です。

会員登録
取扱説明書

japanese english chinese german

ソフトウェア

japanese english chinese german

パーツリスト

japanese english chinese german

Webパーツ検索システム
上手な使い方
東日のトルクレンチの特長

japanese english chinese german

トルクセットの方法

japanese english chinese german

【2022.03版】業務ですぐに役に立つ、東日のトルク講習会。

japanese english chinese german

プリセット形・単能形・プリロック形トルクレンチの違い

japanese english chinese german

技術資料
4.締付けの信頼性

japanese english chinese german

5.締付け工具の選定

japanese english chinese german

6.計測器としてのトルク機器

japanese english chinese german

7.トルク機器の保守

japanese english chinese german

【2022.03版】トルク管理から締め付け保証システムへ

japanese english chinese german

トルクレンチの管理と損失金額に関する一考察

japanese english chinese german

ISO6789:2017 への取り組み

japanese english chinese german